麻生太郎の後継者は子供の息子か東大卒の娘・長女か?引退はいつなのか?

麻生太郎の後継者

83歳・麻生太郎の後継者は誰なのか、世襲議員は誕生するのか?

長男・将豊(まさひろ)と東大卒の娘・彩子(あやこ)が浮上してきたようですが、衆参二枠でという説ももくろんでいるようです。

麻生太郎の後継者についてまとめました。

目次

麻生太郎の後継者は誰?

麻生太郎自民党副総裁は83歳という年齢なので、そろそろ引退と囁かれ始めたようで、後継者は誰になるのかが注目されます。

有力な後継者として長男・麻生将豊氏のようですが、娘・彩子氏も浮上しています。

候補①長男・麻生将豊氏

長男・麻生将豊氏は現在麻生商事社長で、昨年(2023年)日本青年会議所(JC)の会頭を務めていました。

JC全国大会の挨拶では「日本を取り戻す」という安倍内閣と同じスローガンを掲げたようです。

父・麻生太郎氏も経営者の時代に、日本青年会議所(JC)の会頭を務めていて、『政治家を目指すなら、その前にJC会頭になって全国に仲間をつくれ』と長男・将豊氏に言っていたようです。

※父・麻生太郎氏は1978年に本青年会議所(JC)の会頭を務める

「この1、2年の間に麻生さんに長く仕えてきた公設秘書が相次いで定年を迎え、若手スタッフへの引き継ぎも進んでいます。古参スタッフに囲まれていては、息子もやりにくいだろうと。これもご自身の引き際を意識した息子を想う親心と言えます」

newsポストセブンより

記事によると、そろそろ麻生さんの引退のカウントダウンが始まったようです。

麻生 将豊(あそう まさひろ)
生年月日:1984年12月29日(39歳)
福岡県出身
慶応幼稚舎から慶応義塾大学卒業
(ミズーリ州のウィリアム・ジュエル大学に留学)
現在:麻生商事代表取締役・株式会社エクストーンの取締役

大学在学中にネットベンチャーを創業

2005年3月:大学の同級生と有限会社シーリンクを創業
川上量生らと協力し、ニワンゴの創業やニコニコ動画の立ち上げに貢献
2006年10月:株式会社エクストーンの取締役に就任
ニコニコ動画の関連事業として「ニコニコ直販」「ニコニコ市場」などを展開

経歴

2012年トヨタ自動車九州に入社
2014年3月トヨタ自動車九州を退社後、株式会社麻生に入社
2015年〜麻生グループ・麻生商事代表取締役
2023年1月〜12月:日本青年会議所(JC)の会頭に就任

結婚・嫁・子供は?

2015年:1歳年下の優理子さんと結婚

妻・優理子さんとは?

聖心女子大学卒業後、航空会社グランドスタッフとして勤務していました。

候補②長女・麻生彩子氏

麻生太郎の娘(長女)の彩子氏は東京大学文学部を卒業し、英国留学を経て同国の名門美術商「クリスティーズ」で働いた才媛のようです。

後継者候補に名前が挙がってきているようです。

「将豊さんに継がせるか(長女の)彩子さんに継がせるか、麻生さんが迷い始めたようなのです」(自民党閣僚経験者)

週刊現代より

麻生彩子(あそうあやこ)
1987年4月27日
聖心女子学院(初等科〜高等科)
東京大学文学部卒業
イギリス留学後、イギリスの名門美術商「クリスティーズ」で勤務
2014年:フランス人(フレデリック・デホン氏)と結婚
1児の母

大学時代:ファッション系サークルでモデルを務めていた

就職先:世界2代オークションハウスの1つであるイギリスの名門美術商「クリスティーズ」で勤務していた

クリスティーズ:
・世界2代オークションハウスの1つ
・200年以上続くオークショーンハウスで世界の大富豪を顧客にもつ

フランス人の夫は御曹司!

2014年にフランスのデホン家の御曹司フレデリック・デホン氏と結婚

フレデリック・ドホン(Frédéric Dehon)
デオン(Dehon)グループの共同創業者であり、同社の取締役会のメンバーの一人

デオン社とは?
化学製品や冷媒などの製造に特化したフランスの企業

学歴:
2011年に国立東洋言語文明学院(National Institute of Oriental Languages and Civilizations)で国際貿易と中国語言語の学士号を取得し、2013年にロンドン大学のSOAS(School of Oriental and African Studies)で国際経営学の修士号を取得

経歴:
サントリーホールディング社でCorporate Strategy and Finance Managerを務めた後、2018年にInventec社に入社しました。現在はInventec社の最高経営責任者(CEO)として活動

現在どこに在住なのか?

フランス在住説と東京在住説の2説あるようで、不確定です。

娘の政界入りは現実的なのか?

現在、彩子氏は子育が一段落して、「政治に興味が出てきたらしい」と言われているようです。

「政治に興味が出てきたらしい」

週刊現代より

東大在学時にはファッション系サークルでモデルを務めるなど、才色兼備で知られる彩子氏が政界進出すれば、熱狂的な支持を得るのは間違いないとのこと。

また、父・麻生太郎氏には東大コンプレックスがあるそうで、彩子氏が麻生家唯一の東大卒でなので、娘への期待もあるようです。

「初等科から学習院の麻生さんは『俺だって受験すれば東大に受かってた』が口癖。彩子さんは政財界や後援会からの評判も抜群だし、やっぱり彼女に託したいという思いが強まるのも頷ける」

週刊現代より

衆議院・参議院の2枠説?

麻生太郎氏は、自身の後継者を決めかめているようで、衆参2枠を麻生家にというというもくろみも浮上してきたようです。

衆議院議員を息子・将豊さん
参議院議員を娘・彩子さん

「子飼いである大家さんを衆院へ鞍替えさせ、空いた席に長女を据える
一方、自分の後継には長男をあてがい、衆参2枠を麻生家で取ろうという算段です。しかし、衆院選となると大家さんの分が悪いことがわかり、情勢を見極めるため、直前まで公認を出さないよう指示しています」

週刊現代より

麻生太郎氏の引退は?

御年83歳の麻生太郎氏は、まだまだ健全のようで、引退の話しは具体的になっていません。

麻生 太郎(あそう たろう)
生年月日:1940年9月20日(83歳)
出身地:福岡県飯塚市
学習院大学政治経済学部卒業
1979年〜衆議院議員
2008年9月24日〜2009年9月16日:第92代内閣総理大臣
現在:副総裁

しかし、川上陽子外務大臣への失言などで、政界外からの引退を求める声は多くなってきています。

《いつまでも麻生節はいりません。それなら人権に敏感な別の人にその一席譲ってもらいたいものだね》
《こういう人、引退しないと自民は変わらないね》
《このタイミングでまたこういう発言 もう無理でしょう、マズイことを判断できない年齢になってる》
《他人の容姿に触れることとはハラスメントであること、ご存じない?人権感覚が欠如しているこういう方は国会議員の資格がないし、社会人としたって欠格。辞めて欲しい

後継者の前に麻生さんの引退が注目が集まりそうですね。

麻生太郎氏についての記事一覧

麻生太郎の家系図についての記事はこちら

麻生太郎の後継者(息子・娘)についての記事はこちら

麻生太郎の渋谷の自宅豪邸や福岡の麻生城についての記事はこちら

麻生太郎氏の顔や口の歪みについての記事はこちら

目次