サイモン大爆笑!とにかく明るい安村がブリテンズ・ゴット・タレントで予選通過!海外の反応は?

ブリテンズ・ゴット・タレント(Britain’s Got Talent、略称BGT)に、とにかく明るい安村『TONIKAKU』が出場! 裸芸でサイモンを笑わせられたのか?

4月22日放送に、とにかく明るい安村が『TONIKAKU』としてBGTに出場し「Don’t worry, I’m wearing. 安心してください、はいてますよ」の裸芸を4つ(サッカー選手・騎手・ジェイムスボンド・スパイスガールズ)披露し、審査員と観客から大爆笑をさらいました。気になる外国人の反応もまとめました。

そして、TONIKAKUは、審査員の全員からYESを獲得し、オーディション通過!

なんと、本田圭佑も「I’m wearing..」やってます!

最新情報:セミファイナルの詳しい日程はこちらをご覧ください >>

市川こいくちさんの最新ツイート

目次

とにかく明るい安村がブリテンズ・ゴット・タレント(BGT) に出場!

ALL Yes (4Yes)全員のYESを獲得しました!

初回オーディションは通過しました。

準決勝ではグループ3位で敗退しましたが、ワイルドカードで復活しファイナルへ出場しました。

4つの裸芸

イギリスを意識した4つの芸を披露し、最後に全て「Don’t worry, I’m wearing. 安心してください、はいてますよ」と大うけでした。

名前は、TONIKAKU(40歳)で出場
最初にガウンを脱いだとき、審査員から一斉に「No, no no no!!! 」と大不評

安村:I’m wearing pants, but I can pose naked.
 (パンツをはいてますが、裸のように見えるポーズをとります

審査員:No, thank you. (結構です〜)

画像:Britain’s Got Talent Youtubeより

1. football player  (サッカー選手)

画像:Britain’s Got Talent Youtubeより

こちらの動画はfootball Playerの芸から始まります。

Britain’s Got Talent Youtubeより

2. Horse racer (騎手)

画像:Britain’s Got Talent Youtubeより

3. James Bond (ジェイムスボンド 007)

画像:Britain’s Got Talent Youtubeより

4. Spice Girls (スパイスガールズ) 「Wannabe」

画像:Britain’s Got Talent Youtubeより

スパイスガールズ(Spice Girls) 「Wannabe (ワナビー)」について
スパイスガールズ : ヴィクトリア・ベッカムら5名で構成された女性アイドルグループ
「Wannabe(ワナビー)」: 1996年スパイスガールズのデビューシングル
37か国で首位を獲得し、世界的に成功を収めました。YouTubeでは6.1億回再生を記録している代表曲です。

安村さんの芸によってWannabeが再び注目を浴びているようです!
日本での再生数が前日比260% 、ダウンロードは700%と急上昇中です。

TONIKAKUの名前について

安村

「2014年にとにかく明るい安村って名前を付けたときに、お客さんは名前が長くて覚えづらい。
そのときに『とにかくでもいいです、トニーでもいいです』って言ってたんです。僕的にも気に入ってる名前なので、なんでも登録するときにも『とにかく』って付けてたんです」

安村さんの芸についてYoutubeのコメント

Youtubeのコメント:
・なんか感動しちゃったやっぱり笑いは世界共通なんだね
・どんどん客席も審査員ものってくるの最高。
・安村かっこいいな。爆笑させるだけじゃなくて、会場のライブ感がすばらしい。
・外国に赴き、たどたどしくも最小限の説明言葉とアイディアと身一つで外国人を笑わせる。これが芸人よ!!!
・なによりサイモンが笑ってくれるのが嬉しい

https://twitter.com/BGT/status/1649858243118927872

番組公式ツイッター「UNBELIEVABLE!」
「Tonikakuは最初から最後まで超うける裸芸で笑わしてくれた。心配しないでください、彼ははいてます(パンツを)」

英語の文章のオチが考えられていた??

Don’t worry, I’m wearing. (安心してください。はいてますよ)ですが、この文章は実は英語として完成していない。

wearは他動詞で、wear の後に「何を」着るのかを入れないと成立しない。
I’m wearing xxxxx. (xxxxxを着ています)となる。

審査員が「Pants」(パーンツ)と言ったのは、I’m wearing の続きを言いたくなる文章だったということです。

実際、安村さんの今回のネタ翻訳は、カナダ人の落語家の桂 三輝さんが手伝ったようです。
英語の掛け合いのオチも考えたような気がしますね。

桂 三輝さん
本名:グレゴリー・ロビック(Gregory Robic)
生年月日:1970年4月6日
出身地:カナダ・オンタリオ州トロント
所属:吉本興業

安村

(英語をつかうことに対して)
「覚えるのも大変じゃないですか。だから『僕はパンツを履いてるけど全裸に見えるポーズができます』って説明にしました。長くなればなるほど発音の問題も出てくるので……」

最新インタビュー:読売新聞のインタビューより抜粋(5/10)

Q ”Wear“が他動詞だから、あのコール&レスポンスのような盛り上がりが生まれた気がしますが、それも狙ったわけではなく?
A 日本語と英語の感覚の違いは全然知りませんでした。でも、あそこで審査員が叫んでくれたことで、会場の空気はすごく良くなりましたね。

Q 審査員からトニーと呼ばれていましたね。
A ゲームのキャラに名前を付ける時に使っていた「Tonikaku」という名前で出場しました。何回も、「トニカク!」と繰り返したんですが、「カク」の部分が言いにくいらしくて、だんだん「トニー」になっちゃいました。でも、そう呼んでもらうことでやりとりしやすくなったと思います。

Q ネタを直訳したような英語だったのは狙いですか?
A 僕の目的は、日本でまた注目してもらうことなので、日本の人が知らないことやっても話題にならないだろうと思って、あのネタでいきました。英語に訳す時には、カナダ人の落語家・桂三輝(サンシャイン)さんや吉本興業の海外担当の人に手伝ってもらいました。説明がくどくなるとわかりにくいので、「めっちゃ短いフレーズで」とお願いしました。

Q 英語でネタをやるときに気をつけていること
A 「超ゆっくり」「短い文で」「発音にはこだわらない」です。それだと、分かりやすいですし、カタコトでもそれはそれでおもしろいですよね。

読売新聞のインタビュー

英語について、こちらにまとめました。

安村さんの後日談:「マツコ会議」出演の際

「人生で一番ウケた」
「吉本がゴット・タレントに海外で通用しそうな芸人の「ネタ動画」を送っていた」とコメントしています。
「市川こいくち」さん(おなら芸人)もその一人のようです

マツコ会議で、マツコから安村に「エルトン・ジョン」は入れるべきとアドバイスをしていた!(準決勝でエルトン・ジョンを披露)

審査員4人全員、大爆笑!

審査員

  • サイモン・コーウェル Simon Cowell(イギリスの音楽プロデューサー・オーディション番組の大物プロデューサー)
  • アマンダ・ホールデン Amanda Holden(イギリスの女優、歌手)
  • アリーシャ・ディクソン Alesha Dixon(英国の歌手、ラッパー、ダンサー、テレビのパーソナリティ)
  • ブルーノ・トニオーリ Bruno Tonioli (イタリアの振付家、社交ダンス ダンサー、ラテン ダンサー、そしてテレビのパーソナリティ)

最初は「Nooooo! No thank you」でしたが、最初の芸のFootball player nakedで、大爆笑その後はノリノリに。

安村が「Don’t worry, I’m wearing (安心してください、はいてますよ)」というと「Pants! パーンツ!」と大爆笑に、イギリスで日本芸が大うけでした。

審査員のコメント

サイモン・コーウェルのコメント:
You were the funniest contestant we’ve had on all year seriously. “Really, really funny and original.”
『君は今回のコンテストで一番面白かったよ。本当に、本当に、マジで面白くてオリジナリティがあるよ!』

アマンダ・ホールデンのコメント:
 “Toni, you are absolutely unique and it felt very Britain’s Got Talent, I loved it.”

『 トニー(TONIKAKU) 、すっごくユニークで、すっごくブリテンズ・ゴット・タレントっぽい。すごい大好き!』

アリーシャ・ディクソンのコメント
 “Toni, you might actually be my favourite contestant from the whole series so far.”
『トニ(TONIKAKU) 、今シーズンで、一番のお気に入りよ!』

ブルーノ・トニオーリのコメント:
“I have to say you definitely have balls.”
『パンツの度胸にタマげたよー』

MCの二人も大興奮!

画像:Britain’s Got Talent Youtubeより

審査員についての詳しい情報はこちら >>

アメリカズ・ゴット・タレント(AGT)に出演したゆりやんレトリィバァを思い出してしまった・・・

芸人仲間からのツイート

とにかく明るい安村 簡単プロフィール
本名 安村 昇剛(やすむら しょうごう)
生年月日 1982年3月15日
出身地  日本・北海道旭川市
血液型 B型
身長 177cm

市川こいくち「おなら芸」も出場していた

市川さんは、吉本のおなら芸人「ICHIKAWA ダーツでおなら」で出場
なんと、結果は3YESで予選通過!

市川こいくち(1980年10月04日)
特技:いつでもオナラができる・オナラで矢を飛ばし風船がわれる・オナラでピアニカがふける

意外とサイモンは好きな芸のようです!

準決勝の出演はこちら >>

海外・国内からの反応は?

海外からの反応をまとめました >>こちら

日本人からの反応をまとめました >>こちら

海外の反応

安村さんの芸は海外の方はどのような意見があるのか調べてみました。(BGT Youtube/ Twitter コメントより)

All the brilliantly talented people over the years BGT has produced and this will undoubtedly be the one people remember the most.
BGTがこれまで輩出してきた多くの才能ある人々の中でも、彼が最も記憶に残ることは間違いない。

He really know the timing to pose and response, facial expression as a comedian. It’s perfect.
彼は本当にコメディアンとして、ポーズや反応、表情のタイミングを完璧に把握している。素晴らしい。

This is what BGT is all about. Should have been a golden buzzer for sure.
これこそがBGTの真髄です。確かにゴールデンブザーに値する

I’m 100000000% sure he will be David’s golden buzzer if he’s still here lol, love it!
デイビッドがここにいたら、間違いなくデビッドのゴールデンブザーになると100000000%確信します!大好き!
→説明:ディビットは昨年まで審査員でした

Omg, he went viral around 10 years ago in Japan. But finally the world found him!! He’s so hilarious and unique!!
まさか、彼が約10年前に日本でヒットしていたとは!ついに世界が彼を見つけた!彼は本当に面白くてユニーク!

I think his performance can be copied easy by child too. He will be loved by the people of all ages.ChatGPT
(彼のパフォーマンスは子供でも簡単に真似できると思う。彼は全年齢層の人々に愛されるでしょう。)

OMG, I usually don’t find most acts funny but this was freaking HILARIOUS. I laughed all along, he’s so unique, it was brilliant. Honestly, didn’t want him to stop
オーマイガー! こういうパフォーマンスはいつも面白くないと感じるのですが、今回は本当に面白かったです!ずっと笑いっぱなしで、彼は本当にユニークで、見事でした。正直言って、終わって欲しくなかった。

ネガティブな意見

Absolute crap and not fit for royal variety show
完全なくだらないもので、王立バラエティショーにはふさわしくないと思います。

What an absolute load of codswallop!
本当にくだらない!

What has gone wrong with this show this year, pure unadulterated rubbish
今年のこの番組は何がおかしくなってしまったのか、全くくだらないものになってしまった

外国人の反応Youtube

全て感想部分からの再生スタートします。

日本に住んでいるアメリカ人姉妹の反応
感想部分から再生します↓(日本語・日本語訳)

アメリカ人の反応
感想部分から再生します↓(日本語訳)

アメリカ人の反応
感想部分から再生します↓(日本語訳)

ドイツ出身のギリシャ人の反応
感想部分から再生します↓(日本語訳)

最後のギリシャ人の冷静のコメントが的を得てますね。
「母国でウケたお笑いを引っ提げて、それが認められたってことだよね。特に日本のことだからなおさら嬉しい」
やはり、日本の芸が外国で通用するということが嬉しい気持ちが先にきますよね。

ブリテンズ・ゴット・タレント(BGT) とは

イギリスのブリテンズ・ゴット・タレントは、創設者サイモン・コーウェルも審査員として参加しているスーザン・ボイル(Susan Boyle)も輩出した大人気公開オーディション。

ゴット・タレントシリーズ

2005年にサイモン・コーウェルがゴット・タレント(Got Talent)のフォーマットを作り、
2006年、アメリカ版「アメリカズ・ゴット・タレント」がスタートしました。
2023年2月には、日本版ジャパンズ・ゴット・タレント(ABEMA TV)もスタートしました。

パフォーマンス、年齢不問であらゆるジャンルの方が参加できるオーディション番組

ゴット・ダレント(Got Talent)
2005年にサイモン・コーウェルによってゴット・タレントが作られ、
“ゴット・タレント” フォーマットと呼ばれる形式で、現在69以上の国でスピンオフ番組が放送されています。

・出場者:年齢不問(老若男女問わず)
・パフォーマンス:不問(歌・ダンス・コメディアン・マジシャン、様々なジャンルでOK)

アメリカズ・ゴット・タレントブリテンズ・ゴット・タレント
期間2006年〜現在2007年〜現在
賞金100万ドル(約1.3億円)25万ポンド(約4300万円)

オーディションの仕組み

審査員について

サイモン・コーウェルについて

ブリテンズ・ゴット・タレント2023のゴールデンブザーを全て紹介

今回は、安村さんのパフォーマンスをお知らせしました。

ゴット・タレント関連記事一覧

安村さん、駐日英国大使館に招待された!

ゴット・タレントの審査員の詳細

ゴット・タレントの仕組みについて

セミファイナル/ファイナルの詳しい日程について

2023ブリテンズ・ゴット・タレントのゴールデンブザーを得た出場者のまとめ

サイモン・コーウェルについての詳しい情報

サイモンがゴールデンプザーTOP7を選出

AGT/BGTに出演した日本のタレント/芸人まとめ

AGTに出場したトラビスジャパンの詳細

目次